カテゴリ:ジャパンデンタルフロンティア( 1 )

オールセラミックの治療は、費用がクリニックによって異なるだけでなく歯科技工士の経験によってもその精度が異なります。

経験の少ない歯科技工士が作成した義歯を使って治療をしたところ、違和感のある仕上がりになってしまったということが無いよう、経験が豊富な業者によってつくられた義歯を使って治療を受けることが推奨されています。

JDFはジャパンデンタルフロンティアの略称で、日本でもっとも多くセラミック素材の義歯を扱っている会社です。JDFが作成したセラミック素材の義歯はコストパフォーマンスの高さが評判を呼び、都市部の多くの歯科で治療に使われています。

JDFで作成されている義歯にはいくつか種類があり、一般的に前歯に使われるものや強度を持たせて奥歯に使えるものなど、治療する部位に合わせて最適な種類を選んでもらうことが出来ます。

京都で黄色くなった歯を綺麗にしたい、抜けた歯をもとに戻したいという方は、オールセラミックを使った治療をおすすめします。

インプラントほど大掛かりな手術をしなくてもブリッジという手法で失った歯に義歯を取り付ける治療をすることが出来ますし、セラミック素材は透明感があるため自分の歯のような印象を与えることが出来ます。

[PR]
by pk9h255yd8 | 2017-07-04 15:28 | ジャパンデンタルフロンティア